10月5日(月)コロナ感染者数 今日 東京神奈川栃木愛知大阪滋賀兵庫和歌山奈良京都福岡沖縄

今日のコロナニュース 感染者数 281人 重症化 東京・大阪警戒

東京・神奈川・栃木・愛知・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・福岡・沖縄

  消毒種類・消毒方法ページ は こちら  

注:今は入院前にPCR検査して陰性でないと入院すら出来ません。他の病気でも治療が出来ない事になります。

命にかかわる治療を必要としている方も多くおられるわけですから、すごく気をつけてほしいです!!

10月5日(23時現在)感染者累計 8万6847人 5日死亡 4人 死者累計1617人

東京 66人 神奈川 11人 栃木 1人 愛知 12人

大阪 31人 滋賀 1人 兵庫 7人 和歌山 0人

京都 4人 奈良 0人 福岡 0人 沖縄 19人

全国 281人(23時00分現在)5日現在、重症者 131人

PCR検査数が少ない為連休中は感染者確認数も少なくなります

【各地発生地域・年齢・職業・症状 等については下記から】

Referral OK

  コロナ対策ページ は こちら   

各地の状況は下記リンクでご覧いただけます 携帯端末でご覧いただけない場合は、 グーグルプレイから PDFアプリ(無料アプリ)を インストールしてご覧ください。 google アプリページ また、情報元でタイムラグがあり表示が前日分で 当日分が翌日に更新される場合がありますが ご理解いただけますよう宜しくお願いいたします。
関東

東京都発生状況詳細については(2名亡くなられました)

東京 新型コロナウイルス感染症相談窓口

東京都発生状況内容詳細はこちら

神奈川県発生状況については(症状詳細=重症者、中等症増加中については下記にて)

神奈川県発生状況内容詳細はこちら

栃木県発生状況について(詳細ページでは最新日は下部にあります)

栃木県発生状況詳細はこちら

  コロナ対策BEST商品ページは こちら  

東海

愛知県発生状況については(今日は若年者)

愛知県発生状況詳細はこちら

関西

大阪府発生状況詳細については(1名亡くなられました)(府立港南造形高等学校休校3日間)

大阪府発生状況内容詳細はこちら

最近までの感染者状態詳細(エクセルファイル)

滋賀県発生状況内容詳細については

滋賀県発生状況内容詳細はこちら

兵庫県発生状況詳細については

兵庫県発生状況内容詳細はこちら

兵庫県新型コロナ健康相談コールセンター(予防・検査・医療に関するご相談)
電話:078-362-9980

奈良県発生状況詳細については

奈良県発生状況内容詳細はこちら

和歌山発生状況については

和歌山県発生状況内容詳細はこちら

京都府発生状況については

京都府発生状況内容詳細はこちら

九州

福岡県発生状況については(少し詳細が出てきましたね)

福岡県発生状況内容詳細はこちら

沖縄

沖縄県発生状況については(中等症以上が60名~療養中10歳未満感染者数が80名~、さらに増加

沖縄県発生状況詳細はこちら

10月5日までの感染確認者詳細(CSVファイル)

「やはり観光者が多いとこうなりますよね!行く方の中には、予防・拡大に意識が低い方も多いでしょうし、現地の方がかわいそうですよね!そもそも自分が感染していない保証は検査を受けていない以上ありませんので旅行の前の日に検査が必要でしょう。政府のGOTOトラベル参加前日、検査をつけるのが必須だと思ってましたが皆さんはどう思われますか?」

  コロナ対策BEST商品ページは こちら  

※PCR検査は無料で、 いつでも、誰でも、何度でも…を 各地域別で複数の検査場を実施してほしいものです。重症化しない為にも早期発見と感染拡大防止を!

※PCR検査ですが、全国の土・日・祝の検査数、毎週毎回検査数は6000~8000位です。平日は18000~20000位です。

「軽視していた アメリカ大統領夫妻 やはりコロナ陽性者に!症状悪かった」

重要:「人間は車が向かってきているときに横断歩道を渡ろうとすれば危険であることなど、定量化することが可能な脅威に反応する傾向がある。つまり、脅威が不確実性に包まれている限り、対策はより困難になる。対策を講じるにしても、必要なのは人間の行動だ。最終的にパンデミックを克服する上で鍵を握るのは、人間の行動ということになる。私たちは、関心が失われていくことに対応しなければならない

※体調が良くなかった大統領、コロナの体験をしたと皮肉な言い訳!

新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領(74)は2日夕、首都ワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院に入院し、期間は数日間で、院内の執務室から職務を遂行する予定。主治医は「倦怠(けんたい)感がある」と発表し、米メディアは微熱やせきの症状があると公表していたが実際にはもう少し悪かったようですね。現職大統領が入院する異例の事態です。

トランプ氏は2日、ツイッターに「体調はいいと思うが、治療がうまくいくよう大事をとりたい」と投稿していたが予想以上に悪かったようだ。主治医によると、トランプ氏は米製薬企業リジェネロン社が開発し、臨床試験中の抗体医薬品の投与を受けた。米メディアによると、この薬の初期段階の試験では、投与を受けた患者のウイルス量が減少したという。トランプ氏はさらに主に重症者用に使われる抗ウイルス薬「レムデシビル」の投与も受けたが、酸素補給の必要はないというが……、年齢的にも不安は残る可能性は否めない

マスクについてのデータが出ていてもこの始末!「マスクは反対デモ活動されている方もおられますが、わかっている発表データでは、マスク着用・マスク非着用では、感染者数が「1:10」になっていると公表されています。10倍の違いはケタ違いですよね!病気などでどうしてもという方以外はされるべきと思います。リスクが大きすぎますよね」

アメリカ大統領夫妻陽性

今日の一言 今日の重症化数 133人 重症化数平行、感染者数も8万5千人超

新規感染者数平行も重症化増加傾向で警戒!再感染にも注意が必要。

重症化とは

重症化については、重症化数は、8月5日の104人から1日も100人を切ったことがありません。ちょうど3か月です!

重症化というのは死亡する確率が一番高い状態で感染者数が半分になっても重症化数がその分母分に対して減らないのは、現在、感染者数と重症化の比率が変わってきていて重症化割合が増加しているようです。また最近のデータでは中等症増加再感染者も確認されてきていますが、再感染する方がいるという方は、過去感染したものの回復した=もう安全という事ではありません。重症化率は新規感染者よりも再感染者の方が重症化すると出ています。不要不急の外出や3密、そして人手が多い場所を出来るだけさけて予防対策をするべきでしょう。遅かれ早かれワクチン・治療薬は、そんなに遠くなく出来るでしょうからそれまでの辛抱です。

「※未就学~12歳位までのお子さんの感染拡大が毎日各地で感染確認されていて、世界の現在データでは、海外では10歳未満でも500人に1人は亡くなっています。日本でもだんだん拡がっていて大変危険です。外出時お子さんの対策がされてないのを見かける事も少なくありませんし、外出時にはお子さんも大人同様の感染対策をして下さい。重症化確立が少ないとはいえ、確率が0ではありませんし、重症化されている方もおられます。また非公開の方も多く存在し、さらにその中にもおられても不思議ではありません。死亡者についても同じ事が言えます。また、若年者でも、重症化についても注視していかなくてはなりません。20代でもエクモを使用している方も国内におられますし危険な状態です。日々の予防が自身と他者の命を守ることになりますのでくれぐれも対策を怠らず注意しましょう。」

「後遺症については世界でも多数発生しています。後遺症はさまざまな症状が公表されていますが、その症状が長引き治るかどうかもわかっていません。未知そのものです!お子さんが成長されるにつきどのように後遺症が残るかも過去の実例がありませんので恐ろしい限りです。しかし重症化しにくいというだけで、レジャー・買い物等にマスクもしないで連れて、はたして大丈夫でしょうか?私ならしませんが…、はっきりしていない中で私は疑問です」

感染予防には

{700年前のペスト流行の時}は、完全な対策を世界でしていました。その時の実践をいくつか現在もしているのですが緩い感じです、治療薬のない感染症では、その時実践していたすべての対策をとるのが一番だと思いますが、その当時でも、

「人が集まる所には絶対行かない!」とあります。感染症とはそうゆうものですね!

追記②700年前は入港する船を徹底して沖に停泊させ、すべて入港させませんでした。

過去記事でも、いろいろ書いていますので、是非ご覧ください!

何をどう対策するといいのか迷われている方やこれで万全かと悩んでいる方は、当サイト内の コロナ対策・消毒種類方法・対策商品ページ等を、是非よくご覧ください。新しく役立つ発見や参考になれば幸いです。

  コロナ対策おすすめ商品ページはこちら  

ここからは重症化データ見方について

4日の重症者のデータは全国で133でした、今日は131人。そして今日の死者数は4。死亡者は重症化している患者さんからの場合がほとんどですので、133人から4を引くと129となる所ですが、今日の重症者数は131人ということは、死亡者数よりも、今日新たに重症化した方の方が少し多かったという事に。連日死亡者数は10人前後出ていましたが今日は4、死亡者数以上に今日は重症化が少なかった事になります。新規感染者数も大事ですが重症化数重要ですね。

年配者・持病のある方への
感染防止を心掛けましょう
感染が拡大すると死亡リスクも増加
医療従事者の方への負担も増加します
予防して感染拡大に注意して!
感染すると健康な方でも危険はあります
皆さん自身もご家族も気をつけ、
他者への気づかいも忘れずに!
3密以外も対策をして乗り切りましょう!
管理者

  厚生労働省コロナ有効とするエタノール80%消毒液一覧ページはこちら  

  コロナウイルス消毒に有効とされる次亜塩素酸水 一覧ページはこちら